ゴルチエとサカイによる究極のハイブリッド——阿部千登勢が手掛けるオートクチュール「Gaultier Paris by sacai」の全貌

图片描述

「Enfants Terribles(恐るべき子どもたち)」とは、まさにジャン=ポール・ゴルチエと阿部千登勢のこと。「Enfant Terrible(恐るべき子ども、ファッション界の悪童)」はゴルチエを表現する時に使われる言葉で、それを複数形にしてコラージュしたロゴのTシャツを、「Gaultier Paris by sacai」コレクションのフィナーレで阿部が着用していた。1年越しで実現したオートクチュールショーで、2人は何を見せたのか。

■最初のゲストデザイナーに阿部千登勢を抜擢

ファッションデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエは、2020年1月に発表したオートクチュールコレクションを最後にファッションデザイナーを引退。ゲストデザイナーを招聘する形でオートクチュールの継続を決め、初回として迎えたのが「サカイ」の阿部千登勢だ。本来は2020年7月にコレクションを発表する予定だったが、コロナの影響で2度にわたって延期したため、1年越しのコレクション披露となった。

ショーは7月7日、パリのゴルチエ本社で開催。コレクションはオンラインでも配信され、業界内外から注目を浴びた。

■アイコニックなアイテムを再構築

発表された31ルックは、ゴルチエのスピリットを称え象徴的なデザインを再構築し、サカイが得意とするハイブリッドの手法をふんだんに取り入れた。アーカイヴをそのまま用いるのではなく、一度壊して予想外の組み合わせを楽しむようなアプローチで、アバンギャルドなスタイルを提案している。

 ファーストルックは、ドクター ウー(Dr. Woo)が手掛けたタトゥープリントのボディスーツに、透けるテニスストライプのシャツドレスを重ねたスタイル。コルセットは1983年にマドンナが着用したコーンブラを彷彿とさせる。

图片描述

1994年にショーのランウェイでビョークが着用したJPGロゴのファー付きブルゾンや、タータンチェックのパンツといったアイコニックなアイテムに、阿部による新しい解釈とクチュール技術を注入。ヴィンテージジーンズを解体して縫い合わせたドレスには、同年のショーに登場したジャケットのレプリカを融合している。

图片描述

テーラードジャケット、トレンチコート、ボンバージャケットなどは、サカイが普段からコレクションのベースとしている定番アイテム。今回は大胆にハサミを入れたり膨張させたり、繊細なチュールやコルセットと融合するなど、より自由で振り切ったアプローチによって唯一無二のドレススタイルに昇華させた。

图片描述

ゴルチエのトレードマークであるブルトンストライプのトップスも登場。ブルーのラインをサテンからチュールにグラデーションさせるといった、クチュールならではの手の込んだ仕立てに遊び心が込められた。

图片描述

ラスト2体の題材となったのは、2020年のラストショーでゴルチエが着用していたブルーのオーバーオール。イブニングガウンとパンツのアンサンブルに形を変えており、これはゴルチエの物語の終わりと始まりをつなげたものだという。

图片描述

■ピエール・アルディのブーツとNIKEのスニーカー

コレクションのシューズデザイナーに起用したのは、阿部の友人であり長年のコラボレーターでもあるピエール・アルディ(Pierre Hardy)。レザー、メッシュ、デニム、ジャカードなど、コレクションのテーマを反映したオーバーステッチのブーツやサイハイブーツが、ドレスの力強さを引き立てた。

图片描述

また「ナイキ(NIKE)」とのトリプルコラボとして、「ヴェイパーワッフル(Vaporwaffle)」をベースとしたスニーカーも登場し注目を浴びた。

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s